カルロ・ゼン原作の「売国機関」が新潮社くらげバンチにて漫画連載開始

「幼女戦記」新作劇場版アニメ進行中のカルロ・ゼン原作、品佳直漫画による新連載「売国機関」が本日6月29日より新潮社くらげバンチにて連載開始です。


『売国機関』

原作 カルロ・ゼン/漫画 品 佳直

チュファルテク合同共和国――。 戦争が終わった国家を舞台に、内なる暗闘が始まる。 ”愛国者”の敵は、いつだって”愛国者”だ。


西と東の大国に挟まれる形で緩衝国の役割を担っていたチュファルテク合同共和国。

自国の頭越しに開戦と終戦をさせられた彼の国には、列強による『強制された平和』の不満が爆発寸前と化していた。そんな不安定な国内・国外情勢の最中、『勝ち取った平和』を『すべての脅威』から死守する特務機関・軍務省法務局公衆衛生科独立大隊が生み出される。

通称『オペラ座』……或いは憎しみを込めて人々は彼らのことをこうささやく。


『売国機関』と。


作家軽飯

カルロ・ゼン+蝉川夏哉+津田彷徨

0コメント

  • 1000 / 1000