BLOG

「やる気なし英雄譚」の津田彷徨による新ファンタジー戦記「司書と王女の世界大戦 ~アイリス王国再興記 ~」が5月15日に発売となります。


本来ならば大陸の敵とされた帝国を打ち倒した英雄の一人でありながらも、その存在を隠蔽され暗殺されかかった主人公が、世界を相手取り知略と謀略で戦い抜く物語。それがこの『司書と王女の世界大戦』となります。


新たな”ファンタジー戦記2.0”を目指し高速戦記をと作り上げた作品にて、necömi先生の素敵な表紙が目印ですので、書店でお見かけの際は手に取ってみてくださいね!

司書と王女の世界大戦 アイリス王国再興記 (Novel 0( 2018/5/15))

津田 彷徨 (著), necomi (イラスト)

ISBN-10: 4042560792 ISBN-13: 978-4042560791

価格:本体680円+税


あらすじ


かつて、アルビオン大陸全土を支配せんとする巨大な帝国があった。

魔法士弾圧を始めとする様々な圧政により虐げられた諸国は、団結してこれに立ち向かい、数多の激戦が繰り広げられた。

一連の戦いは、帝国征伐に多大な貢献を果たした神器を操る七人の英雄と、彼らを擁する七大国家を称え、後に『英雄戦争』と呼ばれるようになった。

――――そう、表向きは。

輝かしい歴史の裏で、何者かの手により暗殺されかけた「八人目」の英雄……セナ・マクルート。

英雄戦争の裏に秘められた真実に気づいた彼は、辺境の弱小国家・ダグラスに身を寄せ、仮初の平和の裏で覇権争いに蠢く七カ国を相手に、新たなる戦いを画策する。

これは、存在を消され全てを失った英雄が、その智謀を持って歴史を塗り替える物語。

「幼女戦記」新作劇場版アニメ進行中のカルロ・ゼンによるSFシリーズ「ヤキトリ2 Broken Toy Soldier」が4月18日に発売となります。


何度も何度も原稿を炭火で焼き、間違いなく満足の行くお味に仕上がった作品と成っていますので、是非是非書店様をお覗きの際はお手に取ってくださいね!


ヤキトリ2 Broken Toy Soldier(ハヤカワ文庫JA (2018/4/18) )

カルロ・ゼン (著), so-bin (イラスト)

ISBN-10: 4150313180 ISBN-13: 978-4150313180

価格:本体680円+税


あらすじ


火星での訓練過程を修了したアキラたち五人のヤキトリ。彼らは、商連からの独立を企図する属州惑星の戦闘宙域に緊急配備される。

4月よりアニメ放送(バンダイチャンネル他で世界同時先行配信)が開始する『異世界居酒屋「のぶ」』ですが、4月7日に原作第5巻が発売となります。


アニメ放送と併せて、この機会に是非原作小説を手にとって見てくださいね!

異世界居酒屋「のぶ」 五杯目(宝島社 (2018/4/7) )

蝉川 夏哉 (著),‎ 転 (イラスト)

ISBN-10: 4800259037 ISBN-13: 978-4800259035

価格:本体1,200円+税


あらすじ


秋の深まってきた古都で、居酒屋「のぶ」はいつものように営業していた。衛兵に宿屋店員に、スランプ気味の副料理長……今回も様々なお客が居酒屋「のぶ」を訪れる。そんな中、運河の浚渫や商人を招いた晩餐会が計画され、古都という街を見直す動きが活発になってきた。仕事が人と人を結び、疲れた身体が働いた後の一杯を求める。さぁ今晩も居酒屋「のぶ」の暖簾を潜ろう。

昨日、メロンブックス様に『作家軽飯』の再販分が納入となり、本日より販売開始となりました!

C93からお時間をいただきましたが、是非楽しんで頂けましたら幸いです!


『作家軽飯』 

 締切と編集者から追われる三人の作家。

 彼らはその魔の手から逃れつつ、いつもの隠れ家へと逃げ込む。 

 さあ今こそ、逃亡飯!


C93にて多くの皆様のご要望にお答えできず、完売と成った『作家軽飯』ですがメロンブックス様にて再販が決定しました。



『作家軽飯』

締切と編集者から追われる三人の作家。

彼らはその魔の手から逃れつつ、いつもの隠れ家へと逃げ込む。

さあ今こそ、逃亡飯!

異世界居酒屋「のぶ」のコミックス第5巻が12月29日に発売となりました。

是非書店でお見かけの際はお手にとってくださいませ!


異世界居酒屋「のぶ」(5) (角川コミックス・エース)

内容

古都に訪れる食欲の秋、イカとかぼちゃの夫婦煮のように仲睦まじいベルトホルト夫妻にとある事件が…!?ナスのあげびたしが好きな司祭、天ぷらに舌鼓を打つ自称詩人――秋の味覚が人々の笑顔を運ぶ、第5巻!

作家軽飯(カルロ・ゼン、蝉川夏哉、津田彷徨)ですが、C93の冬コミ限定サークルの予定でしたが、今後継続して活動を行うこととなりました。

どうぞご支援ご指導のほどよろしくお願いいたします。